文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

WHO調査の焦点「華南海鮮卸売市場」、視察は約1時間で終了…実質的成果なしか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【武漢(中国湖北省)=吉岡みゆき】新型コロナウイルスの発生源を調べるため、武漢入りしている世界保健機関(WHO)の国際調査団は1月31日、流行初期に感染者が集中した華南海鮮卸売市場を視察した。市場は閉鎖から1年以上が経過しており、感染経路などの解明につながるかは不透明だ。

WHO調査の焦点「華南海鮮卸売市場」、視察は約1時間で終了…実質的成果なしか

華南海鮮卸売市場を出るWHOの国際調査団らを乗せた車列(31日午後3時33分、中国湖北省武漢市で)=片岡航希撮影

id=20210131-249-OYT1I50027,rev=13,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

華南海鮮卸売市場を視察するWHOの国際調査団ら(31日午後3時30分、中国湖北省武漢市で)=片岡航希撮影

 WHOがこの市場を視察するのは初めて。扱っていた食用の野生動物を介し、出入り業者にウイルスの集団感染が起きた疑いがあり、WHOは調査の焦点と位置づけてきた。5万平方メートルの敷地に約1000店が入居していたが、中国当局が昨年1月1日に閉鎖した。

 調査団は中国の関係者と卸売市場の敷地に入り、視察は約1時間で終わった。内部は水産物の水槽などほとんどの備品が撤去済みとされる。中国側から店舗の位置の説明などを受けるだけで、実質的な成果を得られなかった可能性が高い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事