文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「肥満傾向」20代男性がコロナで死亡…重症、ICUで治療も回復せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 千葉県内では29日、新たに339人の新型コロナウイルス感染と、20歳代男性を含む患者10人の死亡が確認された。1日あたりの死者は過去最多。

 県の発表によると、亡くなった市川市の20歳代男性は昨年12月29日、発熱やのどの痛みなどの症状が表れ、今月3日に陽性と判明。その後重症と診断され、集中治療室(ICU)に入っていたが回復せず、26日に亡くなった。男性には肥満の傾向があった。

 厚生労働省の20日時点の集計(速報値)によると、20歳代の死者は国内では2人しか確認されていない。県によると、県内でこれまで亡くなった人の中では最も若い。

 県はこのほか、70歳代~90歳以上の男女7人と、年齢・性別など非公表の患者1人が、18~28日に亡くなったと発表した。いずれも病院や高齢者施設内で療養していた。

 船橋市は、市内の70歳代男性が亡くなったと発表した。高血圧などの基礎疾患があった。

 千葉市は95人の新規感染を発表した。同市中央区の千葉大医学部付属病院では、職員6人、50~80歳代の入院患者6人の感染が判明。同病院関連の感染者は計13人となり、市はクラスター(感染集団)が起きたとみている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事