文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

日本からの入域、EUが再び原則禁止…感染拡大受け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ブリュッセル=畠山朋子】欧州連合(EU)は28日、日本からの入域を再び原則禁止とした。日本での新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置だ。実際に入国を禁じるかどうかは、国境管理の権限を持つ各加盟国が判断する。

 EUは昨年7月、日本を含む14か国からの入域を認めた。その後、リストを定期的に更新している。昨年12月時点でリストに入っていた7か国のうち、今回は日本を外す方針だ。韓国、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、シンガポール、ルワンダの6か国は引き続き入域を認めるという。

 EU域内では、多くの加盟国で感染状況が悪化し、外出制限などを強化している。EUの執行機関・欧州委員会は25日、感染拡大防止策として、第三国からの渡航者に、出発前のPCR検査を義務づけるよう加盟国に提案した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事