文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

首相、宣言解除後は「段階的に時短縮小を」…参院予算委

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 参院予算委員会は27日午前、菅首相と全閣僚が出席して2020年度第3次補正予算案の基本的質疑を行い、審議入りした。首相は新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の解除後も、飲食店の営業時間短縮などの対策の縮小を段階的に進めていく考えを示した。

 首相は緊急事態宣言に関し、「解除後もさらなる必要な対策を継続して、感染者数の減少を実現したい」と強調した。政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は、宣言解除の判断時期について「宣言を出した効果が今週末か来週初めに分かる。それが解除の時期に重要な影響を及ぼす」との認識を示した。

 首相はまた、自民、公明両党の衆院議員2人がそれぞれ、緊急事態宣言下で午後8時以降に東京・銀座のクラブを訪れていたことについて「大変申し訳ない。国会議員は国民の理解を得られるような行動をすべきだ」と陳謝した。

 立憲民主党の徳永エリ参院議員の質問に答えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事