文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

患者受け入れ拒否の取材対応した病院長、旭川医大が解任…役員会「学内の秘密流出させた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 旭川医科大学(北海道旭川市)の役員会が、同病院の古川博之病院長を解任したことが25日、関係者への取材で分かった。同日夕方に職員を対象とした説明会を開き、報告したという。

 関係者によると、説明会では、古川病院長が意図的に学内の秘密を流出させたとして、守秘義務違反にあたるという説明があった。

 古川病院長は、旭川医科大学病院での新型コロナウイルスの患者受け入れを巡って、同大の吉田晃敏学長が昨年11月に慶友会吉田病院でクラスター(感染集団)が発生した際、感染患者の受け入れを拒否していたと、各報道機関の取材に応じていた。読売新聞の取材に対しても、患者の受け入れを要請した際に、吉田学長から「受け入れるならお前が辞めろ」などと言われたと証言している。

 この問題では、文部科学省が吉田学長の発言についての事実関係を巡り、調査を行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事