文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

給食の調理場でクラスター発生、小中14校が昼食持参に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬県内の新型コロナウイルス感染者は24日、新たに23人増加し、70歳代の女性の死亡が明らかになり、累計は3604人(66人死亡)になった。県が確保する病床の稼働率は60・3%。

 前橋市では、学校給食の東部共同調理場で同日までに職員5人の感染が判明し、クラスター(感染集団)が発生した。調理場は27日まで閉鎖され、管内の小中学校など14校の児童生徒はこの間、昼食を持参する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事