文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

宮城の私立高が入試中止、在校生に感染の疑いで…書類選考に切り替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 宮城県大崎市の私立古川学園高校は、新型コロナウイルス感染の疑いがある在校生がいるとして、23日に予定していた一般入試の筆記試験と面接を中止した。提出書類による選考に切り替える。同校の担当者は「受験生の安全、安心を第一に考えた」としている。

 同校によると、複数の在校生がPCR検査を受けることが21日にわかり、22日に筆記試験などの中止を決めた。入試には、普通科と情報ビジネス科の定員計340人(推薦含む)に対し、890人が出願している。

 同校は女子バレーの強豪校として知られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事