文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

病床使用率、東京・大阪・兵庫は70%超え…9都府県で「ステージ4」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は22日、新型コロナウイルス感染症に関する病床使用率などの地域別データ(21日時点)を公表した。緊急事態宣言の発令から2週間たったが、宣言の対象地域では、病床使用率と新規感染者数が依然として高い結果となった。

病床使用率、東京・大阪・兵庫は70%超え…9都府県で「ステージ4」

 内閣官房のまとめによると、宣言の対象となっている11都府県のうち、神奈川県と京都府を除く9都府県で、感染ピーク時に確保を想定している病床に対する使用率が、最も深刻な「ステージ4」(50%)の水準だった。東京都、大阪府、兵庫県で70%を超えた。

 直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は、東京都で76人、神奈川県で61人、大阪府で41人など、8都府県で「ステージ4」(25人)相当だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事