文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

県人事課職員10人、庁内で「打ち上げ」…異動の業務一段落で飲み食い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岩手県は22日、人事課の職員約10人が県庁内で飲酒を伴う会食を開いていたと明らかにした。達増知事は同日の定例記者会見で「県民に新型コロナウイルスの感染対策を求める中、軽率だった」と指摘し、職員に慎重な行動を求めるとした。

 県幹部によると、会食は新年度の人事異動に関する業務が一段落したのを受け、20日午後6時半頃から約1時間、庁内の一室で行われ、課トップの総括課長らが入れ替わりで飲み食いしていた。例年は飲食店で打ち上げを行っているが、今年は飲食店の利用を避け庁内で済ませたという。

 同課は新型コロナの感染拡大を受け、県職員に対し多人数での会食や飲み会を避けるよう通知していた。白水伸英・総務部長は知事会見の後、報道陣に「規範を示すべき立場の職員が庁内で飲酒を伴う会食をしたことは不適切だった。おわび申し上げる」と陳謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事