文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精子から見た不妊治療

医療・健康・介護のコラム

精子の状態が悪い人に不向きな顕微授精 その実力と限界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 不妊治療を受けているみなさんに定着しているイメージが、「1匹でも精子がいれば、顕微授精で妊娠できる」というものです。前回の連載(「 精子に隠された不都合な真実 」)での「顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きです」という、従来とは真逆の話にみなさんびっくりされたようで、様々な質問をいただきました。「これまでたくさんの赤ちゃんが生まれているのだから、顕微授精は有効なのではないか」という反論や、「もしそうだとすれば、他にどんな方法があるのか」等々です。

 現在、15人に1人は生殖補助医療で生まれており、その大半を顕微授精が占めています。顕微授精でたくさんの赤ちゃんが生まれているのは事実ですが、「精子の状態が悪い方には不向き」というのもまた事実です。

精子の状態が悪い人に不向きな顕微授精 その実力と限界

精子の状態が良い夫婦が施設の妊娠率を上げる

 胚培養士は、倍率が200~300倍の顕微鏡で観察して頭部が 楕円(だえん) の精子を探しますが、この倍率では精子はゴマ粒程度にしか見えず、細かい点を判断するのは困難です。そこで、デジタルズームで6000倍に拡大して観察する方法が開発されました。

 この連載では、「隠れ造精機能障害」と「精子精密検査」という言葉を繰り返し使いました。精子は透明で、普通の顕微鏡で観察しても、頭部の形と運動しているかどうかしか見えません。6000倍でも得られる情報は限られています。私たちの研究チームは様々な染色法を開発して、今まで隠れていた異常を顕微鏡で見えるようにしました。これが「精子精密検査」であり、見た目が良く、元気よく泳いでいる精子にも、さまざまな異常が潜んでいることがわかりました。

 精子に異常が潜んでいれば、その種類と程度に応じて妊娠する可能性は下がっていきます。世の中、重症の造精機能障害の男性があふれているように思えますが、そんなことはありません。精子の情報が少ないまま顕微授精をしても、クリニックの平均妊娠率が高かったのは、精子の状態が良いご夫婦の割合が多かったからです。

施設の平均妊娠率より、私たち夫婦ならどうなのか

 みなさん、ホームページでクリニックの妊娠率をご覧になって、どこを受診しようか、お悩みのことと思います。高効率体外受精(人工卵管法)が開発され、必要な精子の「数」という面では、今までのように「顕微授精しかない」という状況ではなくなりました。顕微授精を繰り返しても成功しなかったご夫婦の約2割が、人工卵管法で妊娠しました。

 一方、どちらの方法でも妊娠できなかった残りの8割のご夫婦は、私たちが細胞崩壊と呼ぶ、ぱっと見て精子の異常がわかるような方はむしろ少数であり、選別後に見た目の良い精子が元気よく泳いでおり、「精子に問題はありません」と言われてきたご夫婦が大半です。そして、このようなご夫婦の精子には様々な異常が潜んでいました。

 精子の検査が進歩すると、今までのような「精液の状態が悪いから顕微授精しかない」、逆に「精子に問題はありません」という簡単な説明では済まなくなります。今後は、事前に精子の詳細情報を収集し、ご夫婦の精子は、どこにどの程度の問題があるのか、その場合、「不妊治療が可能か」「どの授精法が適しているか」「どのくらい妊娠の可能性があるか」などを細かく説明することが求められます。前回の連載でTDCプロトコール(TDCは東京歯科大学、プロトコールは手順の意味)として紹介した、精子選別、精密検査技術の普及を図り、精子の異常別に妊娠率を算出すると、顕微授精の実力と限界が明らかになります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

seishi-funin

精子から見た不妊治療

兼子 智(かねこ・さとる)
東京理科大大学院、慶應大大学院修了。薬学博士、医学博士。東京歯科大市川総合病院産婦人科非常勤講師


黒田 優佳子(くろだ・ゆかこ)
慶應大医学部卒、同大学院修了。医学博士。「黒田インターナショナル メディカル リプロダクション」院長


萩生田 純(はぎゅうだ・じゅん)
慶應大医学部卒。博士(医学)。東京歯科大市川総合病院泌尿器科講師


中川 健(なかがわ・けん)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院副院長、泌尿器科部長、副リプロダクションセンター長


高松 潔(たかまつ・きよし)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院産婦人科部長、リプロダクションセンター長

過去コラムはこちら

精子に隠された「不都合な真実」

精子から見た不妊治療の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事