文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[タレント 井上和香さん](下)出産後1年は休業、育児に専念…夜泣きに苦労、産後うつだったかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 グラビアアイドルとして人気を集め、テレビのバラエティー番組やドラマ、映画へと活動の場を広げていった井上和香さん。2015年に出産してからは、仕事を減らし、子育て中心の生活にシフトしてきました。娘さんは5歳になって手が離れてきて、40歳代の自分の人生に向き合っています。そんな和香さんに子育てや暮らしについて聞きました。(聞き手・渡辺勝敏)

母乳が豊富に出て、胸は大変なことに

[タレント 井上和香さん](下)出産後1年は休業、育児に専念…夜泣きに苦労、産後うつだったかも

――お嬢さんを出産されてから、1年間は仕事を休業して、育児に専念していたそうですね。

 ずっと母乳で育てていました。2年2か月も。「大きいと意外と出ない人が多いですよ」と助産師さんに言われていたんですけど、あふれんばかりに豊富に出ました。ありがたかったんですが、胸がものすごいことになりました。3カップから4カップ上がりましたね。張って痛いし、肩は凝る。大変でした。おかげで健康に育ってくれて良かったと思っています。

――ご自身のお母さまを出産の1年前に亡くされ、ご主人にも両親はすでになく、頼る人がいなかったということですが、それゆえのご苦労はありましたか。

 ちょっとしたことを聞く人がいないのがつらかったですね。初めての育児ですから、なんで熱が出たのか、夜泣きはどうすればいいのか、どうして泣きやまないのか……。育児書を参考にしたり、24時間相談に電話をしたり、出産した産婦人科の助産師に相談したりしました。

眠れないとおかしくなる……世界一かわいいのに憎らしいと感じたことも

――夜中に泣き続けられると、本当に大変ですよね。

 ほかの人の話を聞いていると、うちの子は比較的眠っていてくれた方だと思うんです。それでも、「こんなに世界一かわいいのに、どうして世界一憎くなるんだろう」って思ってしまうこともありました。やっぱりダメですよね。人って、眠れないとおかしくなってしまいますね。産後うつってあるんだろうなぁと思いました。旦那さんの支えがないときついだろうなぁ。うちは親がいないので、主人もうちにいる時は手伝ってくれました。

――自分も産後うつだったかもしれないと思いますか。

 今振り返ると、そうだったのかもしれないと思います。自分がなさけないとか、こんな母親でいいのかと落ち込むことがありましたね。私はどうしてこんなに子どもを泣かせているんだ、部屋を片付けられない、料理はするけど片付けまで終わらない、洗濯はしてもたためない、仕事もやれていない、全部が中途半端……ああ、また、子どもを泣かせている……私、何もできていない。そんな気持ちになるんです。同年代で子どもを産んでいる友だちに電話をして、「みんな一緒だよ!」って励まし合っていました。

子どもがしゃべれない時期は、何を感じているのかわからなくて大変

――喜びを感じ、そしてご苦労もしながら5歳まで元気に育ったわけですね。

 子どもがしゃべれない時期って、どう感じているのかわからないので、大変ですよね。でも、子どもがいると家の中は明るいし、とにかく寝顔がかわいい。疲れも吹っ飛びます。目覚めると悪魔になりますが……(笑)。おませさんなので、最近は私が疲れていると、頭を軽くたたきながら「おかあさん、えらいよ」って慰めてくれるんです。おままごとの延長みたいですけど。

――昨年、インスタグラムに娘さんとディズニーランドに行った写真を載せていましたね。

 娘も好きなので何度も行っています。私がちょうど娘と同じ年頃に母とディズニーランドに行った時の写真が残っているんです。うちの母はばっちりメイクでヒールのブーツを履いて、格好よくディズニーランドに出かけていて。たくさん歩くし、娘はだっこと言うので、私はスニーカーにリュック。今はマスクをするのでほぼノーメイク。母は私よりも女だわって思います。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事