文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

中川恵一「がんの話をしよう」

医療・健康・介護のコラム

「なぜ、私が……」「運が悪かったとしか」 がん治療医ががんになって思ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「なぜ、私が……」「運が悪かったとしか」 がん治療医ががんになって思ったこと

膀胱がんを自己超音波検査で発見

 実は、私もがん経験者です。2018年の年末に、膀胱(ぼうこう)がんの内視鏡切除を受けました。まだ、2年くらいしかたっていませんから、経験者というより「がん患者」と呼ぶべきかもしれません。

 「自己超音波(エコー)検査」で見つけました。世界的にも珍しい例ですので、経緯を説明します。

 外勤先の病院に超音波検査装置があり、自分自身で膀胱のエコー検査を行って、腫瘍を発見したのです。青天の霹靂(へきれき)でした。

 東大医学部の先輩の病院で、がんが見つかる2年ほど前に肝臓に脂肪がたまる脂肪肝を自分で発見して以来、毎月エコー検査を自分でしてきました。

 2018年の9月ごろから膀胱の左側の壁が多少厚く見えていました。そこで、12月9日、尿をためた上で入念にチェックしてみました。すると、左の尿管が膀胱に開口する「尿管口」の近くに15ミリくらいの腫瘍ができていました。

 スマートフォンで検査結果の写真を撮り、後輩の泌尿器科医にメールで送信すると、「膀胱がんの可能性が大」との返事が来ました。翌日、同じ医師に内視鏡検査をお願いし、膀胱がんと確定しました。

麻酔が切れたら激しい痛み 我慢せずに薬を

 日本人男性の3人に2人が、がんになる時代ですから、「がんになることを前提にした人生設計が必要」などと発言してきました。正直、まさか自分が罹患(りかん)するとは思っていませんでした。たばこは吸いませんし、運動は毎日行っていて、体重も若い頃のままです。「なぜ私が」と否認したい気持ちでした。

 私がこのがんにかかった理由などありません。運が悪かったとしかいえないと思います。

 治療は全身麻酔ではなく下半身の麻酔でしたから、電気メスによる切除の様子もモニターで見ることができました。幸い、40分という短時間で完全に切除できました。ただ、再発予防を目的に、膀胱内への抗がん剤注入も受けました。

 麻酔が切れると下腹部に激しい痛みを感じましたが、痛み止めの処方をお願いして、楽になりました。この治療を受ける全員に痛み止めの処方が必要だと思います。痛みを我慢してよいことは全くありませんし、症状は本人しか分かりませんので、遠慮は不要です。

 私は東大病院の放射線治療の責任者ですが、平成15年から26年まで、緩和ケア診療部長を兼任しておりましたので、緩和ケアのプロでもあります。しかし、実際に自分が患者にならないと分からないこともあります。今回のことで、早期がんでも緩和ケアが大切だと身にしみました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakagawa-keiichi

中川 恵一(なかがわ・けいいち)

 東京大学医学部附属病院放射線科准教授、放射線治療部門長。
 1985年、東京大学医学部医学科卒業後、同学部放射線医学教室入局。スイスPaul Sherrer Instituteへ客員研究員として留学後、社会保険中央総合病院(当時)放射線科、東京大学医学部放射線医学教室助手、専任講師を経て、現職。2003~14年、同医学部附属病院緩和ケア診療部長を兼任。患者・一般向けの啓発活動も行い、福島第一原発の事故後は、飯舘村など福島支援も行っている。

中川恵一「がんの話をしよう」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事