文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

原発事故巡る損害賠償訴訟、国の敗訴取り消す判決…控訴審

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
原発事故巡る損害賠償訴訟、国の敗訴取り消す判決…控訴審

判決後、「不当判決」などと書かれた旗を掲げる弁護士ら(21日午後2時16分、東京都千代田区で)=池谷美帆撮影

 東京電力福島第一原発事故で福島県から群馬県に避難した91人が国と東電を相手取り、計4億5300万円の損害賠償を求めた集団訴訟の控訴審で、東京高裁(足立哲裁判長)は21日、国と東電の双方の責任を認めた1審・前橋地裁判決を改め、国の敗訴を取り消す判決を言い渡した。その上で、東電に対し、原告90人に計約1億1970万円を支払うよう命じた。

id=20210121-249-OYT1I50044,rev=7,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

東京高裁・東京地裁

 原発事故を巡り、国の責任が問われた集団訴訟の高裁判決は2例目。集団訴訟で初の司法判断となった2017年3月の1審判決は、国と東電に計3855万円の賠償を命じていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事