文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

2件 のコメント

コメントを書く

心よりお悔やみ申し上げます

ばっち

杏里さん、この度のお母さまの突然のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。今は混乱と疲労でどれほど心身が高揚した状態におられることか。杏里さんのご心痛 お察しいたします。また、お弔いと一連の手続きが終わった後にお父さまやお子さまを支えながら、お母さまの不在がひしひしと胸に迫ってくる時期があるでしょう。私の父は二度の原発性のがん発症から5年を目前にして、母と出かけたささやかな旅先の異国のバスの中で心臓発作により帰らぬ人となりました。突然家族を亡くした者たちの後悔と苦しみは長く心をさいなみます。どうしても後回しになりがちですが、どうぞ杏里さんご自身のご健康を一番大切になさってくださいませ。岡崎家のケアは杏里さんご自身のセルフケアが加わったので、これからもトリプルケアなのですよ。お話好きのお母さまは、これからもきっと杏里さんの支えになってくださいます。そしてこの記事の続きは杏里さんがよいと思われるタイミングでお聞かせください。心が引きちぎられるようなつらい記憶を、今すぐもう一度文字にして報告する必要はありません。地球の裏側から杏里さんご家族のみなさまのことを思っています。少しでもお休みになれますように。

違反報告

大変でしたね

にゃま

初めて投稿します。私にも発達障害の娘がいて、実家の母は認知症やいろいろな病で10年前に他界はしておりますが、他人事ではないと感じて毎回拝読しております。本当に大変でしたね。きっと今もいろいろな事で忙しいと思います。上手く伝える事ができないのですが、杏里さん、無理なさらないで下さいね。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。