文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

女子高生2人が感染、同じ部活で3日間遠征…臨時休校に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山形県と山形市は19日、新型コロナウイルスに同市在住の女子高校生2人と県外在住の男性会社員2人の計4人が感染したと発表した。いずれも重症ではない。感染者は累計447人、入院患者は33人。重症患者は昨年11月23日以来、57日ぶりに0人となった。

 高校生2人は部活動が同じで、9~11日に遠征で隣県を往復し、18日に陽性と判明した。ほかの生徒や教職員の検査のため、高校は19日から臨時休校となった。

 県外在住の2人については、長井市が19日、同市栄町で建設中の新庁舎工事現場で働いていた会社員と明らかにした。県が15日に感染を発表した白鷹町の40歳代男性も同じ現場で働いており、市は保健所の指導を受けて、19日から工事を中断した。工事は約90%が終了しており、5月6日の供用開始に影響はないという。

 県によると、重症患者は18日時点で3人いたが、集中治療室(ICU)から一般病棟の新型コロナ専用病床に移ったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事