文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

バイデン氏、追悼式典で「失った人たちを忘れない」…米の感染死者40万人超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=船越翔】米国内の新型コロナウイルスによる累計死者数が19日、米ジョンズ・ホプキンス大の集計で40万人を超えた。累計感染者数は約2400万人に上り、死者数と共に国別で世界最多となっている。20日に就任するバイデン次期大統領は、政権発足と同時に新型コロナ対策の加速を迫られる。

 集計によると、米国での新型コロナによる1日あたりの死者数は約4000人で推移しており、米ワシントン大は、4月末までに累計死者数が約57万人に達すると試算している。

 バイデン氏は19日夜、ワシントンのリンカーン記念堂前で追悼式典を開き、新型コロナで亡くなった人たちを悼んだ。バイデン氏は演説で、「傷を癒やすためには、記憶に残さなくてはいけない。失ったすべての人たちを忘れないようにしよう」と語った。

 バイデン氏は新型コロナ対策を新政権の最重要課題と位置づけ、20日の就任後から100日間で1億回のワクチン接種を計画している。14日には1兆9000億ドル(約200兆円)規模の追加経済対策案を公表し、このうち4000億ドル超をコロナ対策にあてる考えを表明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事