文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

抗がん剤なんてつらいだけなのに、なんでやるんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
イラスト:さかいゆは

イラスト:さかいゆは

つらさを上回るものが得られるのかどうか

 もし、抗がん剤がつらいだけなら、やらない方がよいに決まっています。つらさを上回るものが得られるのかどうか、よく考えることが重要です。

 確かに、抗がん剤をやりたくてやるという人はあまりいませんし、つらい副作用もあるわけですが、副作用(マイナス)があったとしても、それを上回る「いいこと」(プラス)が期待できる場合に限って、抗がん剤を使います。

 どんな医療行為にもプラス面とマイナス面があり、そのバランスを慎重に考えて、行うかどうかを判断するのが医療の本質ですので、これは、別に抗がん剤に限った話ではありません。でも、抗がん剤には、医療の中でも特にマイナスのイメージが染みついていて、「つらいだけのもの」と思っている方も多いようです。

 もし、つらいだけでプラス面は感じられず、いやいや治療を受けているというのであれば、その治療をやめることを担当医と話し合うべきです。ただ、担当医は、「いいこと」があると期待して、その治療をしているはずですので、それをきちんと説明してもらうことが重要です。抗がん剤治療を行う医者は、「患者さんにつらい思いをさせるために治療をしている」と思われているのかもしれませんが、本当にそんな医者がいたら、すぐに医師免許を返上すべきでしょう。ほとんどの医者は、患者さんにとってプラスになることを願って、抗がん剤治療を行っています。その願いと、患者さんの認識が一致していないことが問題なんですね。

まずは、治療目標の共有を

 治療にあたって、まずすべきなのは、患者さんと、医療者と、家族やまわりの人たちで、目標を共有することです。「何のために治療をするのか」について、同じ認識を持ち、同じ目標に向かって進むことが、治療の大前提です。医者がよかれと思っていても、「何のためにやっているのかわからない治療」では、とてもプラスを感じることはできません。

 治療目標を共有した上で、次に行うのは、治療方針の話し合いです。一つひとつの選択肢について、プラス面とマイナス面を予測しながら、そのバランスを考え、患者さんの思いと、医療者の専門的な知識を出し合って、治療方針を決めます。

 ただ、プラスやマイナスをどんなに予測しても、「やってみなければわからない」という側面は残りますので、治療を開始したあとは、実際に生じているプラス面とマイナス面を慎重に評価することが重要です。マイナスよりもプラスが上回っている場合には、プラスをさらに大きく、マイナスを小さくできるように調整しながら、治療を続けます。マイナスが上回っている場合には治療中止など、治療方針の修正を検討します。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事