文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大橋博樹「かかりつけ医のお仕事~家族を診る専門医~」

医療・健康・介護のコラム

糖尿病悪化、人工透析を拒否し納得の上、亡くなった……これも患者の選択なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 忘れられない患者さんのお話をしたいと思います。腎臓の機能が低下し、人工透析をしないと寿命を縮めることがわかっているのに拒否した方です。82歳の患者さんは、糖尿病で10年以上、私の外来に通院していました。現役時代は大工さんで、見るからに頑固そうな 風貌(ふうぼう) でしたが、薬の内服や食事などの生活指導については、しっかり取り組んでいました。

 それでも長年にわたって糖尿病だと、合併症として腎障害を起こすことがあります。人工透析となる原因で最も多い疾患は糖尿病です。この患者さんも、少しずつ腎機能が低下し、人工透析を検討しなければならない程の状態になってしまいました。

透析をやるくらいなら死んだ方がマシだ!

 いつも自転車で通院してこられるお元気な方でした。現在の病状と、これから生活を続けていくためには人工透析が必要なことを本人に説明すると、彼の口から予想外の言葉が出てきました。

 「俺は絶対に透析はやらないよ、あんなのやるくらいなら死んだ方がマシだ」

イラスト:赤田咲子

イラスト:赤田咲子

 私は 愕然(がくぜん) としました。透析を行った場合のメリットとデメリットについては、時間をかけて丁寧に説明しました。人工透析は、週3回、1回の治療につき4~6時間ベッド上で安静にしなければなりませんが、これまで通り自転車での買い物など生活を楽しむことができます。週3回病院のベッドで治療を受けるのは、確かに大変なことです。しかし、透析治療を受けた方がはるかに充実した毎日を送ることができると私は信じていました。

 もし、透析を受けない場合は、さらに腎機能は低下し、全身のむくみやだるさなどが出てきて、寝たきりの生活になることは必至です。そして、程なく死を迎えることになるかもしれません。「透析を受けないなんて、自殺するみたいでありえない」と私は必死になって彼を説得しました。しかし、全く彼は考えを変えませんでした。

 彼は言うのです。「病気で徐々に弱っていくのは、仕方がない。週3回も拘束されて、何時間もベッドの上にいるなんて考えられないし、そんなことをするのなら生きている意味はない」

「夫の好きなようにさせてやって下さい」と妻は言う

 腎機能が極度に低下したら人工透析をする。医師としてはあたり前過ぎるほどの選択なだけに、繰り返し説得しても拒否を続けるのが理解できませんでした。もしや、自暴自棄になっているだけではないのか? 私一人ではとても説得できないと思って、彼の奥さんと面談しました。しかし、彼女の反応も意外なものでした。「あの人は、こうと決めたら誰が言ってもダメですよ。好きなようにさせてやってください」。本人も本人なら妻も妻だと、この夫婦に怒りの感情すらわき上がってきた時でした。

 「今まで何度もあの人の考えに振り回されてきました。でも、いつもあの人は本気なんです。それでどうなっても、自分で責任を取ってきました。私も始めはついていけないと、いつも怒っていました。でも、今まで私も後悔していないんですよね。正解なんて誰もわからないし、あの人が本気で考えているのだったら、私も受け入れようって思ったら、イライラしなくなったんです」

 長年連れ添ってきた奥さんしか語れない言葉でした。医療的な判断と夫婦の思い。どちらを優先するのか? 医師としては受け止めるのが難しいのですが、結論は明白です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ohashi-hiroki_profile

大橋博樹(おおはし・ひろき)

多摩ファミリークリニック院長、日本プライマリ・ケア連合学会副理事長。
1974年東京都中野区生まれ。獨協医大卒、武蔵野赤十字病院で臨床研修後、聖マリアンナ医大病院総合診療内科・救命救急センター、筑波大病院総合診療科、亀田総合病院家庭医診療科勤務の後、2006年、川崎市立多摩病院総合診療科医長。2010年、多摩ファミリークリニック開業。

大橋博樹「かかりつけ医のお仕事~家族を診る専門医~」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

標準医療は誰にでも正しいわけではない

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

医療の宗教性と多様性という言葉を、投稿時に何回か使わせていただいてますが、医療と看護と介護をまとめてみれば、一般人には複雑すぎる部分も多く、好き...

医療の宗教性と多様性という言葉を、投稿時に何回か使わせていただいてますが、医療と看護と介護をまとめてみれば、一般人には複雑すぎる部分も多く、好きか嫌いかと信じるか信じないかのレベルまで行くのではないかと思います。年齢の数字だけで区別するのもどうかと思わないでもないですが、一方で年齢は一つの大きな指標です。本人と介護者や看護者の意見の一致や相違はすごく大事です。こういうケースを見ると、開業医や地域医療の難しさを感じます。この患者さんと家族は納得してはくれましたが、尿毒症による精神疾患のような症状や腎不全症状、心不全症状などなどの中で、急に意見を変えたり、感情を爆発させてしまう場合もあるのではないかと思います。遺影を作らせるとか、精神的にかなり圧迫感と準備を与えているのは、翻意するか否かを見極める意味合いもありますが、そういう技術はもちろん学生時代に習うものではなく、人間的な理解を深めるための経験や読書などの代理経験が必要なのだとわかります。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事