文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ワクチン接種担当の河野行革相「一人でも多く、一日でも早く」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた調整担当に決まった河野行政・規制改革相は19日午前の閣議後の記者会見で、「国民が安全で有効なワクチンを一人でも多く、一日でも早く接種できるように全力を尽くしたい」と強調した。

 2月下旬にも始まる接種に向け、河野氏はワクチンの輸送や保管、接種会場の設定などに関する総合調整を担うという。今後、厚生労働省など関係省庁や自治体、医師会などと連携を強化する考えだ。

 河野氏はまた、ワクチン接種の担当副大臣に山本博司厚労副大臣と藤井比早之内閣府副大臣を充てる方針も明らかにした。

 一方、田村厚労相は19日の記者会見で、海外渡航歴のない静岡県の男女3人から英国で流行する変異種が検出されたことに関し、「どういう状況なのかをしっかりと調査していく必要がある」と述べ、同県内で変異種の感染が拡大していないかどうかの調査を急ぐ考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事