文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

教会クラスターの感染者75人、群馬県で最大規模に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬県内の新型コロナウイルス感染確認者は15日、新たに80人増加し、基礎疾患がある80歳代男性の死亡も明らかになり、累計で3146人(58人死亡)となった。県が確保した病床の稼働率は64・2%。

 県によると、クラスター(感染集団)が確認された太田市の教会では、礼拝や食事会に参加した11人の陽性が新たに判明し、感染者は計75人(県外を含む)となった。昨年4月に発生した伊勢崎市の老人ホームの入居者や職員ら計68人による感染を上回り、県内で最大規模という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事