文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

医療崩壊の最大の問題、どの患者を救うか選ぶ「トリアージ」は医者任せでいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

欧米で起こった厳しいトリアージの現実

 欧米では、第1波のときにすでにトリアージが起こりました。イタリアでは、病院に患者があふれ、そのなかで助かる確率の高い患者、高齢者より若い世代の患者を優先して医療に当たりました。スペインでも同じことが起こりました。

 ひどかったのは米国のニューヨークで、ある大病院では次々に運び込まれた患者で集中治療室(ICU)が満杯になり、患者が廊下にあふれ出しました。そこで、トリアージが行われました。その中で、持病のない40~50代の中年の患者や20~30代の若者の患者も命を落としたのです。

 こうした現実を、テレビなどの報道で見た人も多いと思います。当時私は、これがまさか日本で起こることはないだろうと思いましたが、そうなる懸念があります。

日本でのトリアージは何を基準に?

 人工呼吸器が足りなくなった時、だれに使うかという判断は何を基準に行うのでしょう。スウェーデンでは、80歳以上は集中治療室(ICU)の適用外という判断がなされたと現地からレポートにありました。ヨーロッパでは70歳を目安にする国もあるようです。このように年齢を判断基準にすることに一定の社会の合意がある国もあります。

 それでは、日本どうでしょうか。「若い方が入院されたので、80歳を超えた父さまの人工呼吸器を外させていただきます」と言われたら、「仕方ない」と納得できますか。あるいは、「お母様よりも、救命可能性が高い患者さんがいますので……」と言われたら。「院長の知り合いだから」と内々に優先されるようなことは起こらないでしょうか。

 昨年来、新型コロナに関連してトリアージのガイドラインの提言はありましたが、定まっていません。

トリアージにはルールが必要

 では、ルールが社会で共有されていない中で、現場の判断で実際に患者を選んだら何が起こるのでしょう。「生存の可能性があった母の人工呼吸器を外して死亡させたのは納得できない」と遺族に訴えられたらという心配も出てきます。ルールが定まっていないと、現場は困るのです。

 昨年来、国や日本の医療界のリーダーは、冬の感染者増加と、それに伴う医療の逼迫という当然予想される事態に立ち向かうための医療体制を十分に整えず、国民に「外出や外食の自粛」と号令ばかりかけてきました。トリアージのガイドラインの議論も緊急の問題だと思います。医療従事者の一人として本当に憂慮しています。(富家孝 医師)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事