文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

医療・健康・介護のコラム

新型コロナ、社会の目への不安は、無意識への「刷り込み」も関係している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナの第3波は、まだ続いています。日本の対策は、国が厳しく行動制限をかけるのではなく、基本的には自粛要請で対処してきました。つまり、国民一人ひとりに取るべき行動が任されているので、そのために悩ましく思っている人も多いことでしょう。このことを精神科医として考えてみます。

飲食営業がなくなり、困惑している

 新型コロナ第3波の中でも、精神科産業医には多くの社員が相談に来ます。最近、カウンセリングの途中で、営業活動での飲食が話題になります。例えば32歳の坂巻太郎さん(仮名)もそうです。

坂巻さん:コロナ前は、日常的に営業で飲食をしていましたが、今はそういう環境ではないし、同僚や友人との飲み会も控えています。でも、仕事の上での付き合いは大切なんですよね。

私 :坂巻さん以外にも、飲みながらの商談やプライベートな飲み会をどうするかという話が出ますよ。「自粛を厳格にすれば、営業は難しいところがあります。それでも感染したら、顧客に迷惑をかけてしまうという悩みをこぼす方もいますね。

坂巻さん:やっぱりそうですよね。

二つの不安にさらされてきた

私 :感染への不安だけでなく、自粛警察のような社会の目への不安という二つの不安に、この1年近い間さらされてきました。感染したら、どう思われるのか? 医療者などへの差別も問題になっていますね。

坂巻さん:そうですね。私にも二つの不安があります。

 相談に時間が取れる時は、精神科医療の専門家として、不安の意味を説明しています。ここでは社員との対話の形で紹介します。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)

 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」、ウェブ書籍「メンタル・キーワード療法~5分でできる簡易セラピー」。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事