文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行

医療・健康・介護のコラム

病院に32年勤めた薬剤師 自らのがん経験を通じ 患者に寄り添う僧侶に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ここは、ある下町にあるという架空のカフェ。オーナーののぶさんのいれるコーヒーの香りに誘われ、今日もすてきなゲストが訪れて、話が弾んでいるようだ。(ゲストとの対話を、上下2回に分けてお届けします)

宮本直治(みやもと なおじ)さん

【今月のゲスト】
宮本直治(みやもと なおじ)さん

 1960年生まれ。学生時代に肺がんの母親を自宅で看取る。大阪の病院にて薬剤師として勤務するかたわら、故野田風雪氏に師事して仏法を学ぶ。2007年胃がんステージⅢで手術。その後、僧籍を取得し、緩和ケア病棟(ホスピス)のビハーラ僧研修生。体験というそれぞれの持ち前を生かした社会活動に力を注ぎたいと、32年間勤務した病院を退職。2020年医療と暮らしを考える会を設立。医療と暮らしを考える会理事長。がん患者グループゆずりは代表。宿坊で語り合うガン患者の集い主宰。日本ホスピス・在宅ケア研究会理事。がん患者団体支援機構副理事長。ビハーラ僧(浄土真宗僧侶)。薬剤師。

医療と暮らしを考える会:メール iryou.to.kurashi@gmail.com

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/groups/2678603975694950/
医療と暮らしを考える会フェイスブック

医療と暮らしを考える会 宮本直治さん(上)

宮本さんは通信教育(専門課程)と週3回の実技指導を3年間受け、浄土真宗の僧侶となった

宮本さんは通信教育(専門課程)と週3回の実技指導を3年間受け、浄土真宗の僧侶となった

 ただならぬ空気がカフェの入り口から奥まで吹き込んできた。

 見た目にはごく普通にお客さんが入ってきたにすぎない。しかし、カウンターでコーヒーをドリップしていた私は、その客から発せられる不思議な雰囲気に、驚きを感じた。

 「こんにちは」

 私はお冷やを置き、あいさつをする。

 「のぶさんというのは、あなたですか?」

 注文とともに、軽やかな関西弁風のイントネーションで、思いもしない言葉を私に投げてきた。

 「あなたと話がしたくて、今日ここに来たんです」

 なんと! ちょうど、店も空いている。宮本直治と名乗る男性と、少し話をしてみたいと私も思った。

与えられた人生の中で心豊かに生きるために

 彼は病院薬剤師として活躍していた2007年に胃がんになり、手術などの治療を経験した。その3年後に僧籍を取り、緩和ケア病棟で患者に寄り添う宗教家(ビハーラ僧)の研修を受けた。

 「肺がんの母を自宅で看(み)取った後、20年ほど仏法を聞いていたことが縁となって、手術後に僧侶を目指しました。そんな私が患者会の人たちの言葉に耳を傾けるうち、どれほど科学が進歩しても死は避けられず、揺らぐ心を落ち着かせようにも『医療や情報だけでは手に負えない現実』が見えてきました。一方で、死が待っているという前提で残りの人生をとらえると、私に見える風景が変わってきたのです」と宮本さんは話す。

 そして、いつしか、与えられた人生の中で心豊かに生きることを伝えたいという思いがわき上がるなか、体の中から聞こえた声があったという。

 「必要なものは与えている。さあ、次の時代に受け継ぐに値する文化創りをせよ」

 それは宮本さんにだけ聞こえた声。言い換えると使命感だという。病状も落ち着いているいま、彼は何かに導かれるように32年間務めた病院を辞め、2020年「医療と暮らしを考える会」をつくった。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suzuki_nobuyuki_300-300i

鈴木信行(すずき・のぶゆき)

患医ねっと代表。1969年、神奈川県生まれ。生まれつき二分脊椎の障害があり、20歳で精巣がんを発症、24歳で再発(寛解)。46歳の時には甲状腺がんを発症した。第一製薬(現・第一三共)の研究所に13年間勤務した後、退職。2011年に患医ねっとを設立し、より良い医療の実現を目指して患者と医療者をつなぐ活動に取り組んでいる。著書に「医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方」(さくら舎)など。


新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事