文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

日医会長「医療受けられない医療壊滅の恐れ」…全国的な緊急事態「検討すべき情勢」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本医師会の中川俊男会長は13日の記者会見で「感染者の増加が続けば、適切な医療が受けられない『医療崩壊』から、医療自体を受けられない『医療壊滅』の状態になってしまう恐れがある」とし、国民に一層の危機感を持ってもらうよう訴えた。

 中川氏は、この日、緊急事態宣言の対象地域に大阪府や愛知県など7府県が追加されることに触れ、「全国的な発令も検討すべき情勢になっている。欧米のような感染爆発の気配が現実化してきており、手遅れにならないよう、早めの対策を講じることが大切だ」と強調。全国的な感染者の急増に警戒感を示し、「このような状況が続けば、強制力を持った行動制限も必要になってくるのではないか」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事