文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」

介護・シニア

100の施設まで同時に配信できるみたいよ いけますね~ いけますね~やないがな! 僕らが大変やわ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

施設対抗はオンラインならではの発見やな

id=20210112-027-OYTEI50012,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

同時に二つの施設に介護レクリエーションを配信

西 オンラインでやったけど、ストレスを感じることなくスムーズにやれたのが良かったわ。

松 そうそう。しかも施設さんの方にもカメラが3台ほどあって、その映像もきれいに見れていたし、中継みたいな感じで利用者さんとかスタッフさんとやりとりできたのがいいよな。

西 ほんまに現場にいるのとあんまり変わらんかったよな。お互いの施設同士も見えているから、一つの施設に話しかけてる時にもう一つの施設がほったらかしになることもなかったから良かったなぁ~。

松 あと、レクリエーションでクイズをやったけど、それを施設対抗戦にしたら、すんごい盛り上がったよな。

西 (笑)そうそう。片方の施設に「今の答えは不正解!」って言うたら利用者さんからスタッフさんまで全員で「きゃ~!」とか「うわ~!」とか、いっぱい悲鳴上がってたよな。

松 すんごい楽しんでくれてたな。正解したらものすごく喜ぶし。

西 ほんま。賞金とか賞品なんにもないのにな。

松 そうそう。女性の人が正解した時、うれしすぎて、上着脱いで頭の上で振り回してたんちゃうかな!

西 (笑)そんな人おらへんかったよ! 派手に喜びすぎや。でも、施設対抗っていうのはオンラインならではの発見やな。

松 うんうん。やっぱりチーム感っていうのは、現場でやってる時は、なかったもんな。

西 実際に現場の時は、クイズやっても個人やからなぁ~。

松 一体感ってほんまに大事。みんなで一つのことをやるって達成感があるもんな。あの~アメフト……ちゃうわ。ラグビー日本代表以来かな。

西 (笑)ワンチームが出てこーへんかったんやな。

松 わかった? 出てこーへんからアメフトって言うてもうたわ。

ドアップの西川くんの気絶のギャグの顔「かわいい~」

西 いやー今のはひどいな。あと、もう一つ僕のことで新しい発見があったよな?

松 えっ? 何?

西 このオンライン介護の時のええ話あるやん。

松 あー、あれな。

西 思い出した?

松 西川くんがこの時に出していただいたお弁当を残さず食べました!

西 (笑)違う! 違う! なんやそれ! ほいで、あの日は実験の仕事やからお弁当出てへんねん。ケータリングはお水1本だけや。

松 (笑)そうやった? 西川くん、廃棄ロスのことを考えてお弁当完食したのはまた違う日か。

西 違うやん! オンラインで画面いっぱいに僕の気絶のギャグの顔が映るからそれを見た利用者さんがな。

松 そうそう。ドアップの西川くんの気絶のギャグの顔を見て女性の利用者さんが「キャワウィ~!」って言うてくれてんな。

西 (笑)オリエンタルラジオの慎吾くんみたいには言うてなかったけど。「かわいい~」って初めて施設行って言われたわ。今まで現場行って何回も気絶のギャグの顔やってるけど、かわいい~なんて言われたことないもん。

松 現場では距離も離れてるし、気絶のギャグの良さは、顔もそうやけど目の面白さやからな。その目がアップでは見れへんからな。

西 そうやな~。じゃあ、今までは僕の気絶のギャグの顔の愛くるしさが伝わってなかってんな。

松 そうそう。

西 じゃあ、今後コロナが落ち着いて現場に行くけるようになったら、僕の気絶のギャグの顔アップ用のカメラとモニターだけ用意してもらおうかな。

松 僕はええけど、西川くんが気絶しても利用者さんはアップになってる気絶の顔のモニターは見てくれへんで。

西 (笑)そうか。実際に気絶してる人は目の前にいるんやもんな。

松 そうそう。わざわざモニターの方、見いひんやろ。

西 僕の気絶のギャグの愛くるしさを理解してもらうのはまだまだ先みたいやなぁ~。

松 そんな難しいギャグちゃうやん! 顔芸やん!

(レギュラー お笑い芸人)

※レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」は今回で終了します。ご愛読ありがとうございました。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

regular_prof

レギュラー

 お笑いコンビ よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
松本 康太と 西川 晃啓(ともに1979年、京都府生まれ)が、98年4月に結成。リズムネタ「あるある探検隊」で一躍ブレイクした。現在は、劇場を中心に活動する実力派漫才コンビ。2014年に「介護職員初任者研修」、17年に「レクリエーション介護士2級」の資格を取得。老人ホーム、デイサービスなどに出向いてレクリエーション介護を行い、福祉イベント、介護フェアでも活動。講演会「お笑い×介護=健康」で、若者たちにも介護現場の実情を伝えている。詳しくは、レギュラー松本のインスタグラム、レギュラー西川のツイッターで。「お仕事の依頼はよしもとクリエイティブ・エージェンシーまで!」

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事