文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

アプリで健康に<2>アトピー症状の悩み共有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
アプリで健康に<2>アトピー症状の悩み共有

アトピヨの画面を見せるRyotaroさん。「アトピーの子のパパ、ママにも使ってほしい」と語る(千葉県市川市で)

 仙台市の派遣社員のA男さん(40)は、子どもの頃からアトピー性皮膚炎の症状に悩まされてきた。

 アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が繰り返しできるアレルギー疾患だ。治療は、皮膚を清潔に保ち保湿するスキンケアや、炎症を抑える薬物療法などが基本だが、現状では完治することは難しい。

 国の調査によると、患者数は2017年で51万3000人に上る。子どもだけでなく、大人にも多い。

 A男さんも長年、炎症を抑えるステロイド剤の塗り薬を2か月に1回、かかりつけ医に処方してもらい、治療を続けてきた。悩みのタネは、相談できる相手がいないことだった。近くに患者会もなかった。

 トラウマになった出来事がある。アトピーではない知人に、かゆみや炎症が続く皮膚の症状の悩みを話した。「きたない」。そう言われて、傷ついた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事