文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

#コロナしっかり対策(上)マスクには表と裏がある…正しく着けてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない。予防のための対策を見直してみた。

 長崎大病院感染制御教育センターの泉川公一教授は、マスクの裏表を間違って着けている人が多いと指摘する。泉川さんは、コロナ感染が広がった大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」の対応にあたった感染症学の専門家だ。

泉川教授(提供写真)

 不織布マスクでひだが一方向に向いているタイプは、鼻に当てるワイヤを上にした時、一般的にはひだが下向きになる方が表。ところが、ひだを上向きにして着けている人が多いそうだ。「上向きだと、ひだの内側にホコリや細菌、ウイルスなどがたまりやすい」と泉川さんは説明する。

 

 ただ、ひだの向きが、中央から上は上向き、中央から下は下向きになった「オメガ型」と呼ばれるタイプもある。メーカーでつくる日本衛生材料工業連合会(東京)によると、オメガ型は、口元に空間を作って呼吸をしやすくすることを重視しており、中央部が外に出っ張るように着ける。ひだをしっかり伸ばすことで、ホコリなどがたまる心配もなくなるという。

id=20210110-027-OYTEI50002,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

表のひだを下向きにした着け方

 同連合会によると、近年は様々な種類のマスクが製造され、ひだの形状もメーカーごとに異なる。担当者は「裏表はパッケージの説明を見て確認してほしい。マスクにブランド名などが表示されている場合は、相手から読めるように着けるのが正解です」と話す。それでもわからない場合は、マスクを上下に引っ張って、へこんだ側が内側(裏)になるように着けるといいそうだ。

id=20210110-027-OYTEI50003,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

上下に引っ張り、へこんだ側が内側になるように着ける

 泉川さんは、着脱時には必ず手を消毒するなど、取り扱いへの注意が大切だと指摘。「マスクは自分や他人を守る『防護具』。一人一人の使い方次第で、社会全体のリスクを減らすことはできる」と呼びかける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事