文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.記事アーカイブ

yomiDr.記事アーカイブ

米の失業率6・7%で横ばい、感染再拡大が影響…12月雇用統計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=山内竜介】米労働省が8日発表した2020年12月の雇用統計(季節調整済み)は、失業率が前月から横ばいの6・7%だった。新型コロナウイルスの感染拡大で4月に戦後最悪の14・8%を記録した後に続いていた改善がストップした。感染の再拡大で人員削減が増えたことなどが影響した。

 市場予想も6・7%程度だった。景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比約14万人減で、8か月ぶりに減少に転じた。前月は約34万人増だった。

 失業者のうち、職場復職を前提とした「一時解雇」の割合は減少傾向で、長期失業者が多くなる懸念が高まっている。コロナ危機前の失業率は3%台だったが、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、雇用情勢の本格回復は「長い道のりとなる」と指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr.記事アーカイブの一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事