文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

その「ひどい肩こり」は椎間板ヘルニアかも…頸椎でも起き、せきやくしゃみで悪化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 10年も前のことになるが、私も「 頸椎(けいつい) 椎間板ヘルニア」による痛みに苦しんだ。以下、私自身の経験を踏まえて、紹介しよう。なお、ヘルニア(hernia)とは、抵抗の弱った部分から臓器や組織が脱出する状態である。わかりやすい例を挙げるならば、俗にいう“脱腸”の「 鼠径(そけい) ヘルニア」、腹部の手術後にみられる「腹壁 瘢痕(はんこん) ヘルニア」などである。椎間板ヘルニアでは、椎間板(背骨を構成する 椎体(ついたい) と椎体の間でクッションの役目を担っている)の中央よりやや後方にある髄核(ゼラチンのようないわゆる椎間板の“芯”。周囲は線維輪と呼ばれる組織に囲まれている)が、線維輪の亀裂から脱出するか、髄核が線維輪や軟骨板を伴って膨れ上がり、神経根や脊髄を圧迫する。

「センセ、どないしはったん?」

その「ひどい肩こり」は椎間板ヘルニアかも…頸椎も起き、せきやくしゃみで悪化する

 私はその約2か月ほど前から、右手の親指のしびれが気になってはいた。ゴールデンウィーク初日の朝に、突然、右肩から上腕に激しい痛みが出て、右肩の筋肉には、骨かと 見紛(みまが) うばかりの塊(押さえると痛みを引き起こすトリガーポイントである)が形成されていたのである。旅行に出かける朝のことであり、検査を受けることもままならず、つらい旅行となった。

 休み明けになると、痛みは仕事も手につかないくらいに強くなり、右手の握力も明らかに低下した。頸椎MRI(磁気共鳴画像)を撮ってみると、案の定、見事な椎間板ヘルニアが見つかった。七つある頸椎のうちの第5頸椎と第6頸椎の間の髄核が後外側(右側寄り)に飛び出したことによる神経根症(いわゆる神経痛)である。この場合には、第6頸神経の圧迫によって親指を中心としたしびれが出現する。「あぁやっぱりな、ボクの診断どおりやなあ」と妙に感心した次第である。原因として思い当たる節はない、年かなあ。

 その後、頸部硬膜外ブロックと 牽引(けんいん) を受け、痛みは徐々に軽くなったが、患者さんの診療には四苦八苦したことを覚えている。パソコンに向かうのがとってもつらいのである。首にポリネック(簡易固定器具)を巻いていたので、患者さんから「車、ぶつけはったん?」とよく聞かれたが、車はぶつけていません。診察室での会話は、まず「センセ、どないしはったん?」から始まり、ひとしきり私が自分の病状を説明したあと、「で?」と患者さんの話に移るのである。終了後に「お大事に」と言われる始末で、トホホの極みである。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事