文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

伝える/伝わる<5>「遊び」をあきらめない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 木のリングがカラカラと、らせん状に滑り落ちる――。カラフルなおもちゃのユニークな動きに、東京都内に住む押尾友稀ちゃん(5)は目を輝かせた。

 友稀ちゃんは、生まれつきの腎臓病と低酸素脳症の影響で、歩いたり、おしゃべりしたりはできないが、好奇心は旺盛だ。

 昨年10月、東京おもちゃ美術館で開かれた、難病の子どもたち向けのおもちゃセット「あそびのむし」お披露目会に招かれ、両親と一緒に遊んだ。

 ハンモック型のブランコに揺られたり、音が出るマットの上を寝転がってメロディーを奏でたり……。

 父、佳典さん(41)、母、愛子さん(39)が「面白い動きだね」「ゆらゆら気持ちいいね」と話しかけると、友稀ちゃんが笑顔で応えた。その表情から喜びが伝わり、両親の顔もほころんだ。遊びを通じ、親子の気持ちが一つになった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事