文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

コロナ禍で、人生の始まりと終わりの仕事、産婦人科と葬儀場が窮地に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

コロナ禍は葬儀場にも打撃

 出生は、文字通り人生のスタートです。その反対が死で、人生のゴールです。それを思うと、今でのところ、コロナ禍にもかかわらず、国内の死者数が例年と比べて増えなかったのは幸いでした。しかし、出生数減で産婦人科が窮地に陥り、結婚数減で結婚式場が潰れたりしたのと同じく、葬儀場が大きな打撃を受けています。コロナ禍は、人生のスタートとゴールに、同時に大きな打撃を与えているのです。

葬儀は3密を避け、身内でひっそり

 結婚式と違って、葬儀は延期するわけにはいきません。ただ、身内でひっそりと行うことはできます。皮肉なことに、通常の葬儀は「3密」の典型です。多数が集まり、精進落としとして飲食を共にします。しかも、亡くなる人の多くは高齢者で、参列する家族、友人知己も大半は高齢者です。

 こうなると、「感染する」「感染させる」との配慮で、葬儀そのものを取りやめ、火葬のみの「直葬」や家族・身内のみの「家族葬」を行うだけになりました。

 コロナ第1波のとき、志村けんさんや岡江久美子さんが新型コロナ感染症で亡くなりましたが、有名人にもかかわらず、大きな葬儀はなく、「お別れの会」も控えられました。

有名人の死は相次いでいるが……

 昨年12月から続く第3波の時期には、新型コロナとは直接関係ありませんが、有名人の死が相次ぎました。浅香光代さん(92歳、すい臓がん)、林家こん平さん(77歳、 誤嚥(ごえん) 性肺炎)、中村泰士さん(81歳、肝臓がん)、なかにし礼さん(82歳、心筋梗塞)……。みなさん、有名人らしい葬儀をしていません。コロナによって、死の形、人生の終わり方が変わってしまったのです。

出産も葬儀もまずは、コロナの制圧から

 菅首相は、「自助、共助、公助」を掲げ、少子化に対して不妊治療の保険適用などの補助政策を打ち出しました。しかし、出生数の回復は、単に不妊治療の支援ですむ問題とは思えません。子供を産み、育てやすい社会を作っていかなければいけません。そのためにも最重要の課題は、コロナの制圧。そうしないと、結婚も出産も、そして葬儀も、安心してできない世の中になってしまいます。(富家孝 医師)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事