文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

コロナ禍で、人生の始まりと終わりの仕事、産婦人科と葬儀場が窮地に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
コロナ禍で、人生の始まりと終わりの仕事、産婦人科と葬儀場が窮地に

 「今年は、産婦人科が危ない」と、病院関係者の間でささやかれています。コロナ禍で結婚する人が減り、さらに、出生数も例年以上に落ち込むことが確実だからです。すでに、少子化の影響で、産婦人科の縮小、閉院が進んでいます。地方では、近所に産婦人科がなくなって、妊婦さんが困っているところもあります。昨年は、それがコロナ禍でいっそう顕著になり、今年はおそらく産婦人科の縮小、閉院が激増するというのです。

昨年の出生数は過去最少となる見通し

 一昨年の出生数は統計がある1899年以降、初めて90万人を下回る86万5239人となり、「86万ショック」と呼ばれました。それが、昨年は、1~10月までで73万3907人と、前年同期を約1万7000人も下回っているので、過去最少を記録するのが確実視されています。

 コロナ禍で「家にいる」ことが多いので、一部に出生数が増えるという見方がありました。しかし、結婚式を挙げられなくなるなどで“結婚控え”が起こり、さらに“産み控え”も起こったのです。

 事実、婚姻届出数、妊娠届出数は昨年5月以降、減少傾向です。その結果、2021年の出生数は前年比7.5%減の78万4000人まで落ち込むという推計があります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事