文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

医療・健康・介護のコラム

体への負担を軽減し、元気に坂道、山道を走るためのトレーニング法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
体への負担を軽減し、元気に坂道、山道を走るためのトレーニング法とは

 ランニングやマラソンに多い下肢の障害として、膝の痛みである 鵞足炎(がそくえん)『「いだてん」を見て走り始めたけど、膝が痛くなった…治療と再発防止のカギは?』 、足のうらが痛くなる足底腱膜炎 『今年はランニングを開始する!』 、すねが痛くなるシンスプリント 『マラソン選手に多い「すねの痛み」の正体』 などをこれまでに紹介してきました。ほかにも様々な故障の可能性があります。その時の身体コンディションに見合った練習量を、実践しながら見つけることが大切です。

 それでは、Hさんの経過です。

 トレーニングジムに入会し、アスレチックトレーナーに体をチェックしてもらいました。体幹の弱さを指摘されたほか、片脚で立った時の安定感が左右で異なり、また股関節可動域が狭いこと、それに足の外側で着地していることなどの指摘を受けました。自宅でできるトレーニングメニューを作ってもらい、強度や内容を段階的に更新しつつ、ランニングも重ねていきました。トレイルランニングの大会まで痛みが出ることなく練習を続け、大会では自分の満足できる走りをすることができました。

アスレチックトレーナーはけが予防のプロ

 今回は、けが・故障をする前の話をさせていただきました。私はドクターという立場上、けがや故障をしたアスリートを診ることが多いのが現状です。しかし、けがを予防することも極めて大切です。アスレチックトレーナーは、スポーツ現場に一番近いところにいる体の専門家で、けがや故障を予防するためのノウハウを持っています。しかし、チームに専属のトレーナーがいるケースは多くはないでしょう。また、このコロナ禍では、直接、指導を受けることをためらう方もいるでしょう。

 しかし、現在、オンラインでレッスン行っているアスレチックトレーナーも多く見つかります。全国どこにいても、レッスンを受ける機会ができたと考えられますので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

 けがや故障が少ない2021年になるといいですね。(大関信武 整形外科医)

【スポーツ医学検定のご案内】
 私たちは、スポーツに関わる人に体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすため、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。
 第9回スポーツ医学検定は2021年5月30日(日曜)に開催予定です。詳細は スポーツ医学検定HP にて案内いたします。
 本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。スポーツに関わる様々な人からスポーツのけがに対する考えを掘り起こし、多様な視点でスポーツ医学や安全について考える note もぜひご覧ください。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki- nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、2014年横浜市立大学大学院修了。2015年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス(けん)断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。 現在、拓殖大学ラグビー部チームドクター、文京ラグビースクールコーチ兼メディカル担当。2019年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクターを担当。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事