文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

伝える/伝わる<2>親のがん 子にどう話す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「がんって、こわいね」。2017年、当時小学5年と2年の娘たちがテレビを見ながら話していた。フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんで亡くなったことを伝えていた。

 その姿を見ていた母親の瀬尾美穂さん(42)(群馬県高崎市)は、2人に声をかけた。

 「これから大事な話をするからね」

 12年に子宮 けい がんが見つかり、手術を受けていた。まだ娘たちは小さかった。いつか、がんのことを伝えなければ、と思っていたが、タイミングがわからず、ずっと悩んでいた。「話すなら今かな」と考えた。

 「ママもがんで手術したんだよ。赤ちゃんができる子宮に見つかったんだ」。娘たちに子宮などのイラストを見せながら説明した。子どもにも理解できるように、やさしい口調で、言葉を選んで話した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事