文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

接待伴う飲食店9人、郵便局で7人感染…岐阜で新たにクラスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岐阜県と岐阜市が30日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は67人で、県と同市発表の感染者は計2209人となった。また、入院していた大垣市の80歳代男性と中津川市の90歳代女性の死亡が確認され、県内の死者は33人となった。

 新たに二つのクラスター(感染集団)の発生が認定された。一つは、岐阜市の接待を伴う飲食店関連で、従業員ら計9人の感染が判明。もう一つは可児郵便局で、職場の同僚ら7人が感染。当面の間、窓口業務と集配業務を停止する。

 新規感染者67人の居住地は次の通り。

 岐阜市18人▽各務原市7人▽池田町6人▽大垣市5人▽羽島市4人▽可児市4人▽瑞穂市3人▽揖斐川町2人▽御嵩町2人▽本巣市2人▽関ヶ原町1人▽養老町1人▽土岐市1人▽八百津町1人▽関市1人▽神戸町1人▽調査中8人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事