文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

人に知られず死んでいく「孤独死」、実は4割が現役世代、コロナ禍で増加の心配も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

孤独死は個人だけではなく、社会的な問題

 孤独死が問題なのは、本人の問題であり、それ以上に社会的な問題でもあるからです。同協会によると、亡くなってから発見までの平均日数は17日。遺体は傷んでいるので、賃貸住宅の物件価値が下がります。それに加えて遺品を処理するには相続権者全員の同意が必要で、場合によっては大変な手間と時間がかかります。このため単身高齢者への賃貸住宅の貸ししぶりが起こっています。

 そこで、国土交通省は、遺品処理の手続きを簡便にするための契約のあり方を検討して、今年度内に整理する方針です。孤独死は異常事態ではなく、あたり前に起こりうることとして、制度に組み込もうというわけです。

配偶者を亡くした高齢者はかかりつけ医を

 職業柄いろいろな例を見てきました。配偶者を亡くした後、なんとか新しい配偶者を見つけようと、結婚相談所に行き、お金を巻き上げられた高齢男性。訪問診療を手伝っていた時に時々見聞きしたのは、介護保険を使って来てもらったヘルパーが気に入って、多額の報酬やプレゼントをあげてしまう話です。

 あるケースでは、娘さんから「先生、父はあのヘルパーさんにもう500万円は渡しています。なんとか言ってくだい」と頼まれたこともありました。別の家では、亡くなった後、遺品整理をしたら、高額な絵画がなくなっていたなんていう話もありました。

 孤独死は高齢者だけの問題ではありませんが、私は、配偶者をなくして1人になった高齢の患者さんには、必ず、かかりつけ医を持つようにと言っています。介護が必要な状態になっても、医師や介護のチームにかかわってもらうことで、いざという時につながりを持って、フォローしてもらえるからです。

 一人暮らしは気楽な反面、年を重ねていけば、体の機能は衰え、突然亡くなっても不思議はありません。それに備えるには、孤立せず、人とつながりを持つための工夫が必要だということでしょう。(富家孝 医師)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事