文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

国内で2400人感染、死者は大阪で13人など計51人…重症者は最多更新661人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
国内で2400人感染、死者は大阪で13人など計51人…重症者は最多更新661人

 国内の新型コロナウイルスの新規感染者は28日、45都道府県と空港検疫で計2400人確認された。死者は大阪で13人、兵庫で8人、愛知で7人など計51人。厚生労働省によると、同日午前0時現在の重症者は前日より2人増えて計661人となり、3日連続で過去最多を更新した。

 東京都内で新たに確認された感染者は481人と、7日ぶりに500人を下回ったが、月曜日の最多を更新した。感染経路別では家庭内が96人、職場内が27人、施設内が21人など。経路を特定できない人は298人と6割以上を占めた。入院患者は2303人、宿泊療養者は1089人、自宅療養者は2717人といずれも過去最多で、重症者は前日より1人少ない81人だった。1週間平均の感染者数は745・9人で、18日連続で最多を更新中。1週間平均の陽性率は8・4%だった。

 一方、埼玉県戸田市は、感染していた同市立介護老人保健施設の80歳代男性入所者が施設内で健康観察中の27日に死亡したと発表した。発熱の症状があったが、入院先の確保が困難だったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事