文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

都営大江戸線の運転士15人感染、7割程度に間引き運行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都交通局は26日、都営大江戸線の運転士計15人が新型コロナウイルスに感染したため、27日から同線を7割程度に間引いて運行すると発表した。間引き運行は来年1月11日までをメドとしており、運転士たちの回復状況を踏まえて順次通常運行に戻していくという。

都営大江戸線の運転士15人感染、7割程度に間引き運行

東京都庁

 同局によると、仕事納めの今月28日については、午前7時半~8時半頃の通勤ラッシュ時間帯は通常通りの本数で運行できる見込み。同線では15日から25日までに運転士計15人の感染が相次いで確認されており、感染者と濃厚接触した自宅待機者らも含めて計21人の運転士が出勤できない状況に陥っているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事