文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】医学部の男女別合格率、毎年公表へ…文科省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 女子受験生などに対する差別があった医学部の不正入試問題で、文部科学省は医学部医学科をもつ81大学の入試について、男女別合格率を毎年公表する方針を決めた。25日には、公表されていなかった81大学の2019、20年入試の結果を文科省のホームページに掲載した。

 不正入試問題は18年に発覚し、文科省は同年に81大学の過去6年間の男女別合格率を調査した。しかし、問題発覚後の19年入試では不適切とされた10大学に限って調査、公表していた。また、20年入試については調査していなかった。

 文科省は、今後も公正公平な入試を担保するために、男女別合格率の公表が必要と判断し、11月以降、19、20年入試について全大学を調査し、25日に公表した。来年以降は、6月に調査し9月に公表する方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事