文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track9】対人トラブルによる不安障害の女性を支えた職場の仲間たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大に、社会全体が翻弄された2020年。在宅勤務や時差出勤の導入を始めた企業も少なくありませんでした。昨年までは、誰も予想していなかった形で、「働き方」の変化を実感することになったのです。その一方で、仕事に対する個人の向き合い方、職場の人間関係などは、働き方にかかわらず、ずっと変わらないテーマと言えそうです。そして、一緒に目的を持って前に進む仲間の大切さも、どんな社会状況になっても変わりません。

 自宅で過ごす時間が増えていても、誰かと顔を合わせ、声を聞き、ねぎらい合うことは、何よりも心の支えになる――。今回は、それを産業医として実感したエピソードです。

先輩の打診を断ったことで

【Track9】対人トラブルによる不安障害の女性を支えた職場の仲間たち

 食品製造会社に入社して3年目のユウコさん(21)は、納期が迫った自分の作業で手がいっぱいになっていました。そんなさなか、職場の先輩のアイさん(30)から、別の製造ライン(グループ)の応援に行けるかを打診されました。そちらもユウコさんの持ち場同様に人手が足りなかったのです。アイさんは、「ゆとりがあれば」程度の軽い気持ちで打診したに過ぎず、先輩として強要する意図はまったくありませんでした。

 自分の仕事に余裕がなかったユウコさんは、黙って首を横に振りました。きちんと、自分の状況を説明すればよかったのですが、その余裕もないほど、仕事に追われていたのです。

 「ああ、そう。わかった」と、アイさんは特に感情的にならずに答え、別の男性が応援に行ってくれました。

 忙しい職場では、珍しい話ではありません。

 ところがユウコさんは、「アイさんを怒らせてしまった」「別の先輩に迷惑をかけてしまった」と思い込んでしまいました。あまりにも強く思い悩んだため、3日間、仕事を休むことになり、忙しい時期に、むしろ職場に迷惑をかける結果になってしまいました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

 今年5月14日には、新型コロナの時代に伝えたいメッセージを込めた 新曲「リンゴの赤」 をリリースした。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事