文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

医療・健康・介護のコラム

皮膚のトラブル(7)保湿剤で乾燥対策しっかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 皮膚のトラブルでは、大阪医科大の森脇真一教授(59)に聞きます。(聞き手・東礼奈)

皮膚のトラブル(7)保湿剤で乾燥対策しっかり

 子どもの皮膚は薄くて皮脂が少ないため、湿度が下がる11月から3月にかけて乾燥しやすくなります。そのまま放っておくと、かゆみが生じて湿疹ができ、特にアトピー性皮膚炎では皮膚症状が悪化します。

 乾燥皮膚やアトピー皮膚では、水いぼや単純ヘルペスなど、様々な感染症を合併するリスクも高まります。子どもを皮膚病から守るには、▽入浴時に体をゴシゴシこすらず優しく洗う▽せっけんは泡立てて使う▽入浴後すぐに保湿剤を塗る――といった乾燥肌対策が極めて重要です。

 保湿剤には、白色ワセリンなど表面を覆って水分を逃がさないようにする「エモリエント」と、ヘパリン類似物質、尿素、セラミド、ビタミンAなど角層内で水分を保持する成分を含んだ「モイスチャライザー」の2種類があります。いずれも肌をこすらずに、優しく広げるように塗ります。モイスチャライザーには 軟膏なんこう 、クリーム、乳液、液状など様々なタイプがあるので、お子さんが嫌がらないタイプを選ぶといいでしょう。

 アトピー性皮膚炎の子どもでは、皮膚が乾燥していないように見えても、顕微鏡のレベルでは乾燥状態ということがよくあります。どの保湿剤を1日何回使うか、いつまで続けるかなどについては、受診の際に必ず皮膚科、あるいは小児科の主治医に相談しましょう。

 他に、▽子どもがかゆみを訴えない素材の衣服を着せる▽加湿器を使う▽ぬれタオルを部屋に干す▽エアコンを長時間使いすぎない――などの対策も有効です。寒い時期には、子どもの皮膚に潤いを与えるスキンケアを欠かさず、皮膚を取り巻く環境も見直しましょう。

【略歴】
 森脇真一(もりわき・しんいち)
 皮膚科専門医。大阪医科大卒。京都大、浜松医科大などを経て2009年から現職。医学博士。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事