文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

前立腺がん 記者の選択<4>標準治療 定まらない現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
前立腺がん 記者の選択<4>標準治療 定まらない現実

「高リスクの前立腺がんには複数の治療法を組み合わせることが必要」と語る頴川さん(東京都港区の東京慈恵医大病院で)

 「あなたのがんの場合、うちの大学では基本的に手術はしません」。東京慈恵医大病院にセカンドオピニオン(別の医師の意見)を聞きに行った私(58)は、放射線治療部教授の青木学さんにそう言われた。

 「高リスクの前立腺がんでは、見えない転移がある可能性が高いからです」

 青木さんは、手術を完全には否定しなかったが、こう説明した。

 「手術で治癒できればOK。手術後に再発し、放射線治療で治癒できれば、それもOK。ただ、また再発を繰り返せば、70歳までは生きられても、80歳までは難しいかもしれない」

 私は、ここで初めて自分のがんの深刻さを認識し、告知の時より動揺した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事