文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田代由紀子のアスリートレシピ

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

牡蠣と生揚げの豆鼓煮こみ…豆鼓のコクが牡蠣のうま味を引き立てます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今週は旬の牡蠣を使ったお料理です。

 牡蠣は「海のミルク」と呼ばれ、グリコーゲンや必須アミノ酸をはじめ、ビタミンB1・B2・B12などのビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む栄養価の高い食品です。中でもアスリートが不足しがちな亜鉛の含有量は、食品の中でもトップクラス。亜鉛の不足が貧血などの原因の一つといわれているので、アスリートには頼もしい食材です。

 ただし、食あたりが心配されるので、生食は避け、しっかりと加熱しましょう。

 今回は、植物性たんぱく質が豊富な生揚げと合わせて、中国の発酵調味料「 豆鼓(トウチ) 」で煮込みました。豆鼓のコクのある味が、牡蠣のうま味を引き立てます。

[作り方]

(1) 牡蠣は片栗粉(分量外)をまぶしてよく洗い、流水で流して水気を切る。

(2) 厚揚げは縦半分に切ってから1cmの厚さに切る。

(3) 豆鼓、ネギ、ニンニクはみじん切りにする。

(4) フライパンに米油、(3)を入れて弱火にかけ、香りがたったら水・しょうゆを加えて煮立たせる。

(5) (2)を加えて煮込み、片栗粉をまぶした(1)を加えて煮る。仕上げにゴマ油を回しかける。

(6) 器に盛り、小口切りにした小ネギをのせる。

(レシピ作成 アスリートフードマイスター 田代由紀子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プロフィール田代_100

田代由紀子(たしろ ゆきこ)

アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、発酵食品ソムリエ
スポーツを楽しむための体作りに必要なメニューを提案。簡単、時短、料理が楽しくなるレシピ作りを心がけている。自治体、企業へのレシピ提供、料理教室講師も行う。料理教室「オレンジキッチン」主宰。
ホームページ:Orange Kitchen -cooking studio-(オレンジキッチン クッキングスタジオ)

田代由紀子のアスリートレシピの一覧を見る

最新記事