文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」

医療・健康・介護のコラム

変わってきた55歳の「定年前研修」 再雇用後の待遇にも差がつく時代に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「現役時代」と「シニアライフ」の節目は、言わずもがな定年です。それに備え、大企業などで55歳前後に行われているのが、いわゆる「定年前研修」ですが、「近頃、その目的が違ってきていると感じます」と言うのは、特定社労士でキャリアカウンセラーの守屋三枝さんです。

 「ここ、4~5年でしょうか。それまでは、『定年後の充実した人生を過ごすために』といったことが主軸だった研修プログラムが、『定年後も会社に残ることを選択するのであれば、どう貢献するのか?』ということを具体的に考える場となっているように思います。『定年後も会社に残るのなら、しっかり活躍してほしい』という企業側のメッセージを感じます」と守屋さん。

 一方で、再雇用される側の意識も、変化しているようです。「これまでは、『いずれ年金がもらえるので、再雇用後に給料が減ってもいい』と考えるか、『だったら、もうリタイアする』と考えるか……という雰囲気でしたが、現在55歳前後の人の多くは、『年金をもらえる65歳までは就業し、しっかり働きたい』と思っているように感じます」(守屋さん)

変わってきた55歳の「定年前研修」 再雇用後の待遇にも差がつく時代に?

イラスト:平松昭子

同一労働・同一賃金がもたらすもの

 厚生労働省は、 同一労働・同一賃金 を推進しています。正社員と非正規雇用労働者との間の不合理な待遇差が禁止され、同じ仕事をしているならば、同じ給料を支払うという方向に、法律は整備されつつあるのです。

 これを受けて、定年退職をした後の社員(定年後嘱託社員)が、同じ仕事をしている現役社員と賃金が違うのは、労働契約法20条に違反する「労働条件の相違」があると主張した裁判が最高裁で争われました。

 こうした動きの中で、「再雇用後は、一律に賃金が下がる」ということではなく、企業側も、職務内容の違いや実績、貢献度等を再雇用後の賃金に反映させていくことになると見られています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru_prof

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター
 1969年生まれ。大手商社に勤務後、90年代よりマネー記事を執筆。「誰もが安心してお金のことを学ぶ場」である「お金のリビング」を主宰。その入り口として、「ザックリ家計簿」ワークショップをオンラインにて開講中。詳しくはホームページ「主婦er」で。
 お金の記事だけでなく、「家族」や「暮らし」についてもコンテンツ更新中。

過去コラムはこちら

40代から備えよう「老後のお金」

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事