文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

西村経済再生相「一律に5人以上は駄目と申し上げてない」…首相の会食「問題なし」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
西村経済再生相「一律に5人以上は駄目と申し上げてない」…首相の会食「問題なし」

新型コロナウイルス対策で国民に協力を呼びかける菅首相(16日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 菅首相は16日、首相官邸で記者団に対し、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、5人以上で会食したことについて「他の方との距離は十分にあったが、国民の誤解を招くという意味では 真摯しんし に反省している」と陳謝した。政府が大人数の飲食自粛を要請しているさなかでの会食には与野党から苦言が出ており、襟を正した形だ。

 首相は14日夜、自民党の二階幹事長、林幹雄幹事長代理ら7人と会食した。出席者によると、向かい合わせにならないよう配慮し、横並びのカウンター席に座ったが、アクリル板などは設置されておらず、政府が勧める「マスク会食」もしていなかった。

 コロナ禍での会食を巡り、政府は人数に関して明確な指針を設けていないが、飲食店支援事業「Go To イート」については適用を「原則4人以下」の利用に制限するよう全国の知事に要請している。

 ただ、政府・与党内からは首相への擁護論も出ている。西村経済再生相は16日の衆院内閣委員会の閉会中審査で、「一律に5人以上(の会食)は駄目だと申し上げているわけではない」と述べ、首相の会食は問題ないとの認識を示した。その上で、「長時間、大人数(の会食)はリスクが高いので、できるだけ控えていただき、どうしてもされる場合は感染防止策を徹底してほしい」と強調した。

 西村氏は前日の記者会見で「会食のクラスター(感染集団)の8割以上は5人以上だ。長時間、大人数はできるだけ避けていただくようにお願いをしたい」と訴えていた。

 自民党の下村政調会長も「(飲食店が)営業できなくなる経済的なマイナス面を考えると、感染拡大に注意しながら会食することを批判するのは少し過剰反応かと思う」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事