文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精子から見た不妊治療

医療・健康・介護のコラム

数十年にわたる「精子を増やす薬」探しは、なぜ失敗したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 これまで数十年間、私たちも含めて、製薬会社もクリニックも必死で精子を増やすお薬を探してきました。しかし、何ひとつうまくいきませんでした。

様々な薬やサプリを試したが…

数十年にわたる「精子を増やす薬」探しは、なぜ失敗したのか

 慶応大学病院の家族計画相談所では昭和40年代半ばから、患者の夫にビタミン剤、血行をよくする酵素、アルギニン、亜鉛など、思いつく限り様々なお薬やサプリメントを飲んでいただき、人工授精を行う際に精子が増えたか、減ったかを観察しました。その結果、どの薬、サプリメントでも、精子の状態が比較的良い方は精子数が少し増え、状態が悪い方は変わらないという、はっきりしない傾向が続きました。

 ある時、貧血に効くビタミン剤が精巣における精子形成を活発にするのではないかと考え、二重盲検法という正式な臨床トライアルを行いました。この方法は、本物のお薬と、外見がそっくりな偽の薬(中身はでんぷん)という2種類の錠剤を用意します。トライアルに参加する患者にも医師にもわからないようにして、半年間、どちらかのお薬を毎日飲んでいただき、人工授精のたびに精子が増えたか観察しました。

マスターベーションの慣れが精子数を左右していた!

 半年後、レフェリーが本物、偽物の割り振りを明らかにして、治療効果を判定します。そして、驚がくの結果がでました。本物の薬も偽の薬も同じように精子が少しずつ増えていったのです。そして、増え方は今まで試した薬と同じような傾向でした。

 謎が解けました。その当時、採精室などというものはなく、患者には男子トイレの個室でマスターベーションをお願いしました。みなさん、だんだん慣れて、たくさん精子が出せるようになっただけであり、貧血に効くビタミン剤に精子を増やす効果はありませんでした。この研究の唯一の成果は、マスターベーションの練習が大事であることがわかったことでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

seishi-funin

精子から見た不妊治療

兼子 智(かねこ・さとる)
東京理科大大学院、慶應大大学院修了。薬学博士、医学博士。東京歯科大市川総合病院産婦人科非常勤講師


黒田 優佳子(くろだ・ゆかこ)
慶應大医学部卒、同大学院修了。医学博士。「黒田インターナショナル メディカル リプロダクション」院長


萩生田 純(はぎゅうだ・じゅん)
慶應大医学部卒。博士(医学)。東京歯科大市川総合病院泌尿器科講師


中川 健(なかがわ・けん)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院副院長、泌尿器科部長、副リプロダクションセンター長


高松 潔(たかまつ・きよし)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院産婦人科部長、リプロダクションセンター長

過去コラムはこちら

精子に隠された「不都合な真実」

精子から見た不妊治療の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事