文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山口真弓の「子どものココロとカラダを育む簡単レシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

ぽかぽか根菜すいとん…冬の七草である、カボチャ、レンコン、ニンジンを使い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。乳幼児専門の管理栄養士の山口真弓です。

 明日12月21日(月)は「冬至」。冬至の日に食べて「運」を味方につけるメニューをご紹介します。

 冬至の食べ物と言えば「カボチャ」と答える方が多いかもしれませんね。なぜ、冬至にカボチャを食べるか……というと諸説ありますが、一つは「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言われています。夏にとれる野菜ですが、長期保存が利き、冬まで貯蔵することができるため、冬の貴重な栄養源であると同時に長寿の願いを込めて食べられています。

 また、カボチャを漢字で書くと 南瓜(なんきん) 。運が倍になるという意味で、「ん」が二つ付く食べものを食べて、運を味方につける! 縁起をかつぐ! こんな意味もあります。

「カボチャ・レンコン・ニンジン・ギンナン・キンカン・寒天・うどん」は冬至七草、冬の七草とも言われています。

 実は冬至はカボチャでなくてもよいのです。

 今回は、冬の七草であるカボチャ・レンコン・ニンジンを使った、体がぽかぽかと温まるすいとん汁をご紹介します。すいとん団子は米粉を使っているので、小麦アレルギーのお子さんでも安心して食べることができますよ。お子さんと一緒に作るのもよいですね!

[作り方]

(1) 鶏もも肉は一口大に切り、塩 (こうじ) をもみ込む。

(2)カボチャは3cm厚さぐらいに切り、ダイコンはいちょう切り、ニンジンやレンコンは乱切り、長ネギは斜め薄切りにし、シメジはほぐす。

(3) 鍋にシメジ→カボチャ→長ネギ→ダイコン→ニンジン→レンコン→→鶏肉の順に重ねて、昆布水を半量ほど入れ火にかけ、沸騰したら鶏もも肉を入れ、蓋をして弱火で15分ほど煮る。

(4) その間に米粉と豆腐を混ぜ合わせ、耳たぶくらいの硬さにまとめる。

(5) 野菜が軟らかくなったら、残りの昆布水を入れ、沸騰したら(4)を一口大にして手で丸め、平たく伸ばして鍋に入れる。すいとん団子に火が通るまで5分ほど煮る。

(6) みそを溶いて完成。

※今回は、冬至メニューのためカボチャ・ニンジン・レンコンを入れていますが、基本的に何を入れてもOK。年末の冷蔵庫掃除で残り野菜を使うのもおすすめです!

(レシピ作成 乳幼児専門の管理栄養士 山口真弓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamaguchi_mayumi_prof

山口真弓(やまぐち まゆみ)

管理栄養士、健康咀嚼そしゃく指導士
母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター®

「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室~」主宰。11歳と8歳の子どもを持つママ管理栄養士(2020年9月現在)。
実践女子大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスとなる。
「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに延べ3000組以上の親子の相談を受け、管理栄養士として、また同じママの視点でアドバイス。「悩んでいたことがスッキリと解決し、元気になれる」と評判に。市の栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園主催の料理教室の講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える! 子どものからだとこころが育つ! 6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。

HP:http://ameblo.jp/sanshokukenbi/
Facebook:https://www.facebook.com/mayumi.yamaguchi.75
Instagram: https://www.instagram.com/smile_kitchen_tokorozawa/
LINE@友達追加URL: https://lin.ee/eV9arZE

山口真弓の「子どものココロとカラダを育む簡単レシピ」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事