文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

HPVワクチン、男性への使用可能に…厚労省部会が了承

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は4日、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を防ぐワクチン「ガーダシル」について、男性への使用を認めることを了承した。肛門がんや、性器や肛門の周りにイボを作る 尖圭せんけい コンジローマの原因となるHPV感染の予防効果が期待されており、今月中にも正式承認される。

 ガーダシルは、子宮 けい がんなどにつながるHPV感染を防ぐ目的で、小6~高1の女子が定期接種の対象となっている。HPV感染は肛門がんなどの原因にもなるため、米製薬大手メルクの日本法人「MSD」が2月、男性への使用も認めるよう申請していた。

 同社によると、米国やイギリスなど約80の国・地域で男性への接種が承認されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事