文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

新型コロナ患者の病床使用率、28都道府県で上昇…全国平均30%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染者の病床使用率(1日時点)を公表した。ピーク時に確保を想定する病床数に対する使用率は全国で30・1%で、前週から2・2ポイント上がった。

 病床使用率は28都道府県で上昇。兵庫で65・0%、北海道で51・6%、三重で50・1%と、感染状況の水準が最悪の「ステージ4」の基準(50%)を超えた。東京は42・5%、大阪は49・5%で2番目に深刻な「ステージ3」水準だった。

 重症者用の病床使用率は全国で20・2%で前週比で2・5ポイント増だった。22道府県で増加し、大阪は57・1%と最も高かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事