文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

コロナ禍の下、女性の自殺者が激増、日本の女性差別が生み出す悲劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

コロナ禍の下、女性の自殺者が激増、日本の女性差別が生み出す悲劇

 新型コロナウイルス感染の第3波が拡大するなか、本当に悲しいことが起こっています。それは、自殺者の増加で、とくに女性の自殺者が爆発的に増えていることです。

 警察庁の発表によると、2020年10月の自殺者数(速報)は、2153人と昨年同月比で39.9%も増加しています。新型コロナのパンデミックが起こってから、4月、5月は昨年よりも減っていたのに、7月から増加に転じ、8月17.8%増、9月10.0%増となりました。それが、10月にはなんと39.9%増という増加率を記録してしまったのです。

コロナは女性の暮らしを直撃

 そんななかで驚かされるのが、女性の自殺率の急増です。8月に昨年同月比42.2%増を記録するや10月はなんと82.6%の大幅増加になりました。これは、コロナ禍がなければ考えられない数字で、コロナ禍が日本の女性の暮らしを直撃したことを表しています。

 女性のなかでも40歳代の自殺が142人と前年同月の2倍に達しています。新型コロナウイルスの影響が長期化する中、収入の減少や育児や介護、家庭内の問題などの深刻化が指摘されています。厚労省では、「自殺はその多くが追い込まれた末の死であり、その多くが防ぐことができる社会的な問題」と対策を講じることを表明しています。

女性差別という日本の社会の闇

 しかし、コロナの収束も見えない中で、これほどの大問題を一朝一夕に解決できるとはとても思えません。なぜなら、女性の自殺の増加の背景には、女性差別という日本社会の闇が大きく影響しているからです。いくら働いても報われない。一人では独立した生計を営むのが厳しいという現実の中にいる日本女性は少なくありません。

 日本が女性差別の国であることは世界的に有名です。世界経済フォーラム(WEF)による「世界ジェンダー・ギャップ報告書(Global Gender Gap Report)2020」では、日本はなんと121位(153カ国中)で、主要先進国の中では最下位。中国の106位、韓国の108位よりも低い、後進国なのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

<PR情報>

1件 のコメント

コメントを書く

この傾向に思うところありです。

海外シングルマザー

初めまして。 米国で二児の子育てをしている40代シングルマザーです。 在米暦は18年になりますが、心理職のキャリアを積み始めて12年目です。 こ...

初めまして。

米国で二児の子育てをしている40代シングルマザーです。
在米暦は18年になりますが、心理職のキャリアを積み始めて12年目です。
このコロナ禍で、4月から日本に本帰国しようかと、ずっと悩んできました。
家族の存在が近くにいないことが、身に染みて仕方がなかったためです。
しかし10月に、衝撃的な内容のニュースを英語で目にしました。
このコラムの内容とほぼ同じものでした。

改めて本コラムを読んで、本帰国をするには至っていない現在、何が私を留まらせたのかと掘り下げて考えてみました。やはり、帰国後の就職状況はもちろん、日本でのシングルマザーとしての社会的な地位の低さ、世間の目に、どうしても足を踏みとどまらせている状況なのではないかと思い至ります。
40代女性が追い詰められた末の自殺、とありますが、自分と重ね合わせ本当に心が痛みます。周りから見て順風満帆にみえる女優さんでさえ追い詰められる社会。やはりどこかが歪んでいるのだと、私を育ててくれた社会に、愛情と公正な目を持ってしても感じてしまいます。自身の日々の生活に追われながらも、何か、少しでも恩返しをしたいと願う日々です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事